スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自作】意味が分かると怖い話。2

怖いというより、「実は、こういうこと。」って感じの文章です。

ヒラメキで作って、さらに文章が下手なのでおかしい部分があるかもしれません。

タイトルが答えのヒントになってるかな?







「勘違い」



私は、今日から、初めて小学校の担任になった。

私は、ものすごく綺麗好き、つまり潔癖症なので、クラスの皆にはこう伝えておいた。

「私は、潔癖症で、綺麗な教室が好きだから、みんな一生懸命掃除をするように!」と。

このおかげからか、クラスの皆は掃除をしっかりやってるようで、どこを見渡してもゴミ一つない教室にすることができた。

しかしある日、私は1本の長い髪の毛を見つけた。

「この長さからして・・・女子の髪だな。」

私は、綺麗なこの部屋に髪の毛が落ちてるのがとても気に食わなかった。

なので私は、帰りの学活で、その事を問い詰めることにした。

「えー、昨日、先生は髪の毛が落ちてるのを発見しました。一体誰の髪の毛ですか?」

誰も名乗り出ないので、もう一度聞いてみることにした。

「これは誰の髪の毛ですか!?落とした人は名乗り出なさい!!」

強く問いただしても誰も名乗り出ないので、とうとう私は我慢できなくなった。

「聞いてるだろう!?さっさと答えろ!!!」

机を「バンッ」と叩きながら言った。

しかし、何かを言い出す気配すらない。私はブチキれてこう言い放った。


「先生が聞いてるのに、なんで誰も答えないんだ!?お前らなんて『クズ』だ!目上の人の質問に答えられないガキなんて死んでしまえ!!さっさと帰れ!!」

すると、泣きながら生徒たちは家へと帰って行った。


次の日、私の前に警察がやってきた。

どうやら、昨日の学活が悪かったらしい。

「クッソ、あのガキ共のせいでこんな事になってしまった。とんだガキ達だったな・・・。」







答え↓


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 中学生日記
ジャンル : 日記

【自作】意味が分かると怖い話。

今日はネタがないので、最近はやりの「意味が分かると怖い話」を書きます。

構成時間は1分で、「意味が分かると~」を作ったのは初めてなので、

寛大な心で見てやって下さい。

答えは、「続きを読む」からご覧ください。







「気づかない女」


私は昔から、色んな事に対して鈍感である。

通勤中、私はどうやら痴漢にあっているらしいのだが、自分では気づかない。痴漢の犯人はいつも、周りの人に見つけられて、ようやく逮捕されるのだ。


ある日、私が通勤の為に駅まで歩いていると、電柱に、「ここの近くで、無差別殺人事件が発生しています。地域に住んでいる皆さんは、十分警戒してください。」という張り紙を見かけた。

しかし、私は「どうせすぐ逮捕されるだろう。」とあまり警戒しなかった。


その日の帰り、ゴミ捨てをしに来た、おばさんと会ったので挨拶した。


すると、その数秒後、私は首筋に「フッ」と冷たい風を受けたような感覚を覚えた。

首を触ってみると、なんだか生温かい。

それにしても、どうしてあのおばさんは、不気味な笑みを浮かべているのだろうか。

続きを読む

テーマ : 中学生日記
ジャンル : 日記

ブログランキング
1日1回、クリックお願いします!!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学2年生へ
プロフィール

とかっぺ

Author:とかっぺ
日々感じている事、日記などを、なるべく面白く書こうと思っています!
スピッツ、ブラック・ジャック、水曜どうでしょうが好きです。
相互リンク、ブロとも募集中。


Twitter↓(ほとんど使ってないですが・・・)
とかっぺ2(@tokappe7426)

メール↓
butadai25@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
40000人突破! ありがとう!!!
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ブログを更新した日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
223位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。